戦争映画

音速で飛行する「桜花」の活躍を描く松本零士原作の「 音速雷撃隊 The Cockpit Episode2 」

音速で飛行する「桜花」の活躍を描く松本零士原作の「 音速雷撃隊 The Cockpit Episode2 」

松本零士氏の不朽の名作 The Cockpitを実力派アニメ監督3人がそれぞれ映像化しました。川尻善昭監督(獣兵衛忍風帖)が”成層圏気流”を、高橋良輔監督(装甲騎兵ボトムズ)は”鉄の龍騎兵”を、そして「 音速雷撃隊 」は、今西隆志監督(機動戦士ガンダムMSIGLOO2重力戦線)が担当しました。

音速雷撃隊 は、メカデザインをカトキハジメ氏が担当しています。カトキ氏はガンダム作品には欠かせないデザイナーで、ガンダムプラモデルでもVer.Kaというカトキ氏がリファインしたバージョンが発売されるほど人気あるデザイナーです。

現存した兵器しか出ない作品にメカデザイナーは必要か?とは思いますが、よりらしく見せるためのリファインデザイナーです。

音速雷撃隊 のあらすじ

1945年8月5日音速雷撃隊は、アメリカ艦隊を屠るため基地を後にした。音速雷撃隊とはレシプロ機では到達不可能な速度域である音速で飛行可能な有人ロケット機”桜花”を雷撃する特別攻撃隊である。

通常雷撃とは雷撃機が敵艦まで近づき魚雷を海面に落とす。着水後魚雷が海面下をはしり、敵艦に命中する。桜花は音速に近い速度域で飛行する。音速域では、空気が液体のように振る舞い想像以上の抵抗となる。このため桜花は、濃密な空気中をあたかも魚雷のごとく飛ぶのだった。

攻撃は失敗に終わった。野上少尉の乗った一式陸攻は、桜花の射程30k圏内にすら近づけなかった。機長が犬死にするなと、パラシュートを付けて落としてくれたのだ。

たった1人生き残った野上少尉は夜の滑走路脇にたたずんでいると、一升ビンを抱えた男がやって来た。男は山岡と名乗り、生き残った野上少尉にねぎらいの言葉をかけ、明日敵艦まで連れて行ってやるという。山岡は明日、野上少尉が乗る一式陸攻の機長だった。他の搭乗員と一緒にメシを食おうという提案に野上少尉は従い、格納庫で他の乗務員と会う。山岡中尉以下6名が一式陸攻のクルー。そのうちの1人が野上少尉に尋ねる。「おまえ、戦争にならなんだら、何になっとった?」

「ロケット技師、あと30年生かしてくれたら、、、月までロケット打ち上げてみせる。」

その時、琴のもの哀しい旋律が聴こえてきた、、、

音速雷撃隊 のみどころ

松本作品の映像化で最も成功した作品です。非常に原作のニュアンスを大切にして製作しています。例えば、原作の描れた昭和49年の松本零士氏のタッチはGペンを使用し、太細のある力強いが不安定な線で描画されていますが、原作のタッチそのままの絵でキャラクターが動いています。

これは当時初の試みであり、話題とありました。まんがのコマをそのまま動かしたシーンもあり、あのなに気ない1コマがこんなにカッコ良かったのか!と再発見できました。そしてカラー動画ならではの表現がすばらしいできです。蒼天と純白の雲塊をバックに炎をまとい桜花を抱いて飛ぶ一式陸攻の美しく哀しいシーンが印象的です。また米軍機が撮影したガンカメラの映像もアニメで再現されておりみどころの一つです。

松本零士氏のメッセージもきちんと伝えられています。この作品のキーワードは”30年”です。野上少尉は、「あと30年生きれたら、、、」と想いを語りますし、山岡中尉も「この戦争で死んだ世界中の若いのがあと30年生きていたら、、、」と無念がります。

音速で飛行する「桜花」の活躍を描く松本零士原作の「 音速雷撃隊 The Cockpit Episode2 」

敵国アメリカ人も「あいつは天才だった。あと30年生きていれば、ディズニーを失業させた、、」と仲間の死を悼みます。30年は人が何かをやり遂げる時間であり、1世代でもあります。夢というあいまいな表現をせず、具体的な時間を語って若者の無念を表しています。

今日の世界は前大戦の犠牲の上に築かれています。今の世界は野上少尉たちに見せて納得してもらえるのか?と考えてしまいました。

残念なことが一つだけあります。演出上の都合ですが、桜花の性能をそうとう”盛って”ます。桜花が音速を突破できるのは位置エネルギーを利用し、急降下したときにのみです。水平飛行の場合最高速は648㎞/hです。当時、P-51Dマスタングが最高速703㎞/hを達成しています。

桜花が敵艦に到達時は648㎞/h+α程度であり、レシプロ機と大して変わらない速度であり、P-51Dマスタングなら十分に桜花に対処する事が出来ました。

兵士それぞれの戦争への思い、怒り、そして兵士が感じる理不尽さを忠実に再現したアニメだけに、この点についても「無敵の兵器 桜花」ではなく、史実に沿ったリアルな描写であれば、個人的にはもっと「 音速雷撃隊 The Cockpit Episode2 」に感情移入する事が出来たのではないかと思います。

文:こんちゃん

関連記事

  1. 「 シルミド 」は時代に翻弄された囚人兵の生きざまを描いた戦争映…
  2. 兵士の目線で戦場を追体験することができる戦争映画「 ネービー・シ…
  3. 「連合艦隊司令長官山本五十六」は当時の日本海軍の様子を知るのに非常にわかりやすい映画です!! 「連合艦隊司令長官山本五十六」は当時の日本海軍の様子を知るのに非…
  4. 日本人の心をひきつけて止まない戦争映画「男たちの大和」
  5. 日本人の魂を熱くする潜水艦映画「ローレライ」と「伊507」のモチーフとなった実在した仏潜水艦「シュルクフ」を紹介します!! 日本人の魂を熱くする潜水艦映画「ローレライ」と「伊507」のモチ…
  6. アメリカから賞賛されたひとりの日本軍兵士の物語。「 太平洋の奇跡…
  7. テンポの良いラジオトークでベトナムの姿を伝える戦争映画「 グッド…
  8. ドイツ軍潜水艦U-571を奪取して暗号機を確保せよ!潜水艦アクション映画「 U-571 」 ドイツ軍潜水艦U-571を奪取して暗号機を確保せよ!潜水艦アクシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「連合艦隊司令長官山本五十六」は当時の日本海軍の様子を知るのに非常にわかりやすい映画です!!

ミリマガ新着記事

陸・海・空“自衛隊肉体No.1”を目指し全国から猛者達が集う! 7月27日に開催する第3回「自衛隊プレミアムボディ2019」 ~7月5日20:00まで出場エントリー先着受付中~

社会人を対象とした様々なパーティーや自衛隊婚活イベントを企画・運営する株式会社フュージョンアンドリレ…

よこすか海軍カレーラーメン/うどん 新発売 よこすか海軍カレーラーメン/うどん 新発売

横須賀が誇るご当地カレー「よこすか海軍カレー」の味わいをカップめん化!【発売日・発売地区】2…

矢作俊彦×大友克洋 『気分はもう戦争』 完全新作が、「漫画アクション」5/7号(4月16日発売)で読める!

事件です、事件です、「気分はもう次の戦争」です。あの“戦争”から38年――矢作俊彦×…

フランス航空教育団来日100周年記念イベントのお知らせ

1919(大正8)年、フランス航空教育団63名が来日し、わが国の本格的な航空機産業の創立に貢献しまし…

PCブラウザゲーム『ミリ姫大戦~RELOAD~』サービス開始!

ゲオグループの株式会社エイシスは、自社の運営するソーシャルゲームプラットフォーム『DLsit…

PAGE TOP