イージス艦が急きょ帰国 海自、テポドン発射警戒

uid000001_20080324091359007c33cb米海軍の主催で、海上自衛隊をはじめ8カ国の艦艇などが実施している環太平洋合同演習(リムパック2006)参加のためハワイに派遣されていた海自のイー ジス護衛艦「きりしま」が、北朝鮮による長距離弾道ミサイル「テポドン2号」発射警戒のため、急きょ帰国することになった。日米関係筋が28日明らかにし た。

日米両政府はテポドン発射をめぐり、29日の小泉純一郎首相とブッシュ大統領の首脳会談で中止を要求するなど連携を確認する見通し。「きりしま」の帰国は日米による北朝鮮けん制の一環とみられる。

共同通信社:http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&;PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006062901000410

【海上自衛隊広報】

RIMPAC2006への参加の一部変更について

海上自衛隊は、次のとおり、ハワイ周辺海域で実施されているRIMPAC2006への参加艦艇を変更します。

参加艦艇

護衛艦「ひえい」、「さみだれ」及び「ありあけ」

海上自衛隊:http://www.jda.go.jp/JMSDF/info/news/18news/18062901.html

自衛隊ニュースサイトjsdf.org:http://www.jsdf.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください