後半に進むたびに重厚な雰囲気をかもし出す本格戦闘FPS「Crysis」の新しい魅力とは

現在、リリースされているFPSゲームの多くが、主な戦闘武器を短銃やマシンガン、そしてナイフなどのオーソドックスなアイテムとしていますが、今回ご紹介させていただくFPSアクションゲームの「Crysis」は、これまであまり細部に渡ってフォーカスされる事がなかった自キャラの「パンチ力」「キック力」、そして「ジャンプ力」などのいわゆる「ストレングス値」を自由に強化出来るカスタマイズ可能なFPSアクションに仕上がっています。

「Crysis」が鳴り物入りで発売された2007年当時の時点ですでに「後半に進むたびに重くなる(良い意味でも悪い意味でも)」と評判だったのですが、現在のPCにおいてもグラフィックボードが貧弱な場合には、どんどん終盤に向けて内容が重厚となり、合わせて描画も遅くなる事もあり、この点さえなければ新たな「ストレングス値のカスタマイズ可能なFPSシューティング」というジャンルを打ち立てたであろう「Crysis」。

サバゲーに行けない日には、話のタネにぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

Crysis FPS