自衛隊の公式アクションゲームスマホアプリ「自衛隊コレクション」がリリース

防衛省は,自衛隊の陸海空三幕公認のスマートフォン向けのゲームアプリである「自衛隊コレクション(Jコレ)」iOSAndroid)の配信を2015年3月18日からスタートさせている。

「自衛隊コレクション」リリースインフォメーション

自衛隊 陸海空三幕公認スマートフォンゲームアプリ
「自衛隊コレクション(Jコレ)」提供開始
アプリを通じて自衛隊の様々な職種・職域に“疑似体験入隊”

防衛省は、自衛官が職業対象として広く意識されることを目的とした活動の一環として、スマートフォン向けゲームアプリ「自衛隊コレクション(Jコレ)」の提供を3月18日(水)に開始いたします。

■本アプリの特徴
1) ゲームを通じて21の職種職域を疑似体験
本アプリは自衛官が職業対象として広く意識されるよう、若年層を中心に自衛隊に対して親近感を持ってもらうことを目指して開発いたしました。ゲームを通じ て陸海空自衛隊の様々な職種職域を疑似体験してもらえる内容となっています。自衛隊の職種職域は実は幅広く、多くの方にとって活躍できるチャンスがある点 についてお伝えすることを狙いとしています。

2) ゲームのコンセプト
部屋に飾ってあるはずの「自衛官フィギュア」が、家人が留守中の一軒家で動き出すところからストーリーが始まります。「家庭菜園をカラスから守る」など、 プレーヤーには「留守中の一軒家を守る」ためのミッションが課されます。自衛官フィギュアを操って、ミッションをクリアすることで家の平和を守ります。ま た、ゲームは指一本で操作可能で、誰にでも気軽に楽しんでいただけることを心がけました。

3) ゲームの仕組み
2015年3月から6月まで1か月ごとに更新され、計4つのミッションが登場し、全部で21のステージをお楽しみいただけます。各ミッションの第1ステー ジは「陸海空」から挑戦したいステージを自由に選択することができ、ステージをクリアすると自動で選択される第2ステージに進み、いくつかのステージをク リアしていくことで、最終ステージに挑戦していただきます。
また、ステージをクリアすることで「装備品画像」をコレクションできるつくりとなっています。実際に使用されている制服や車両などのほか、アプリ画面内の 様々な場所で入手できる隠しコレクションなども登場し、自衛隊オフィシャルアプリならではの特典となっています。加えて、プレーヤーに適した職種をオリジ ナルキャラクターとともに紹介する「今日の適職診断」というコンテンツも用意しており、プレーの成績/特徴に応じて、自衛隊の様々な職種職域について知る ことができる内容となっています。

■アプリ紹介動画「いま、守るとき」篇の公開
陸海空の現役自衛隊員が出演
本アプリの紹介動画として「いま、守るとき」篇を3月18日(水)に、自衛官募集ホームページにて公開いたします。「オリジナル版」(54秒)1パターンと、陸海空それぞれのバージョン(23秒)が3パターンの合計4パターンとなります。
現役の自衛隊員および装備(10式戦車、F-2戦闘機など)が登場して、本アプリを紹介します。自衛隊員は本動画のために撮影を行っており、海上自衛隊バージョンでは“海自の歌姫”としても知られる三宅由佳莉隊員も出演しております。

アプリは自衛隊員確保を目的とした「イメージ向上ツール」としてのゲームアプリで、かわいい自衛隊のキャクター達がピコピコとスマホの画面の中をユニークに動き回るゲームが中心だ。普通のスマホゲームのキャラクターが自衛隊装備や迷彩服にとって変わっただけの内容になっている。

同じ募兵目的やイメージ構築の目的で若者をターゲットにしたフリーゲーム展開戦略は、米陸軍が公開しているFPSゲーム「America’s Army」シリーズがある。ゲームを無料公開して若者に良いメージを与えるといった点では同じだが、プラットフォームやターゲットには大きな隔たりがあるのは、日本の国内事情が大きく関係してしているのだろう。ともあれ、自衛隊が全面バックアップといった内容ではあるが、われわれのようなマニアが「熱くなれる」ような本格的な内容ではないようだ(笑)。

ゲーム自体はお世辞にも「楽しい」とは言えないシロモノだが、自衛隊の「イメージ向上戦略」としてのこの試みは、大いに評価できる「大きな一步」であることは間違いない。