容赦なく”ブチ殺す”痛快なヒーロー!山本モナも「パニッシュしたいと思います。」

奴の名は“パニッシャー”、愛する者たちをすべて殺され、過去を捨て、法を捨て、神を捨て、街のダニどもを容赦なくブチ殺し、徹底的に粉砕する孤高の仕置人。

彼の前に現れた最凶・最悪の敵“ジグソウ”。張り巡らされた邪悪な陰謀と策略、仕掛けられた卑劣な罠、それは武装ギャングたちの抗争を煽り、ニューヨークの街は地獄の戦場<ウォー・ゾーン>と化した!

未曾有の興奮と刺激に満ちたアクション・エンタテインメントついに公開!!

rogo_us

監督:レクシー・アレクサンダー(元世界女性空手チャンピオン)
製作:ゲイル・アン・ハード(ハリウッドの名女性プロデューサー)

主演:レイ・スティーブンソン(『ローマ』TV)
ドミニク・ウェスト(『300』)
ジュリー・ベンツ(『ソウ5』)
ダグ・ハッチソン(『グリーンマイル』)
コリン・サーモン(『AVP』)
ウェイン・ナイト(『氷の微笑』)

(c)2009 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

公式サイト
http://punisherwz.jp

4月18日(土)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー


0416_pwz黒い革のジャンパーにワンピース姿で登場した山本モナさん、まずは映画の感想を聞かれ「『パニッシャー:ウォーゾーン』は他のヒーローと違って、自分を抑えず、容赦なくお仕置きをするので、爽快感と、不思議な満足感があります。ストレスがたまっている方には特におすすめです」と答えた。

また「パニッシュ(お仕置き)したい人、または出来事は?」と聞かれ、用意されたお題から「振り込め詐欺」、「食品偽装」、「大麻汚染」を選び、スクリーンに映し出されたそれらを、映画に登場するモデルと同じ
マシンガンを手に、一気にパニッシュしました。

「芸能界の友だちでパニッシュしたい人は」との問いに「親友の西川史子女医です。とても仲良しなんですが、酔っぱらうと車の中でも辺り構わず『好きだー!』と、対象がいてもいなくても叫び出すので注意したところ、全然治す気配がないので、パニッシュしたいと思います」と答え笑いを誘っていた。

次にラジオで共演している大竹まことさんについては「糖尿の気があるのに食事に気を付けていないからパニッシュ!」と一喝、最後に司会から「モナさんはいつも目のやり場に困るような服装なので困る」
と逆パニッシュされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください