崩壊した社会では「人間」が最大の敵。ゾンビハザード後の世界を体験する「The War Z」

オンライン上でゾンビハザード後の崩壊した世界の中でサバイバルを体験する事ができる「The War Z」が、こんちゃねさんオフィスの中でなかなか熱い話題を呼んでいる。

ゲームを購入してまずはプレイキャラクターを製作する。自分の好みのキャラクターを作成すると、フラッシュライトと食料など僅かな装備が与えられる。スタート時には銃器などの武器はなく、この貧弱な装備で、荒廃した世界に放り出されてサバイバル生活を行うことになる。

このゲームを気に入ったところは、生活がリアルな点だ。時間が経てば腹も減るし、喉も乾く。アイテムの集取についても、拳銃やライフルは警察署や軍事基地、軍用車両付近などに行けば手に入る確率が高く、薬品は病院や救急車、食料はスーパーマーケットやレストランといった具合に、アイテムの所在が結構リアルに作られている。アメリカの都市がモデルなので、スーパーマーケットに銃器や弾薬があってもいいと個人的には思うが、私がプレイした感じでは、残念だが銃器などをスーパーマーケットなどで見かけた事はない。しかし、他のゲームにありがちな突拍子もない場所に、場違いなアイテムが落ちているのでなく、この収集アイテム配置のリアルさはゾンビゲームフリークには納得の難易度だ。まあ、リアルな分、アイテム入手が困難ではあるけどね・・・

[yframe url=’http://www.youtube.com/watch?v=tHMEbwy25YQ’] [yframe url=’http://www.youtube.com/watch?v=4DL0vJo05wg’]

更に、一度フィールド上で死ねば、所持している装備や収集したアイテムはすべて失われる。ム内で購入した装備や武器も例外なく、すべて消失するのである。消失したアイテムは、もう一度買い直すか、再び収集の度に出かける必要がある。

The-WarZ-7 The-WarZ-9 The-WarZ-11 The-WarZ-1

銃を手に入れ、弾薬を購入して装備を整え、フィールドに出て10分でゾンビではなく、友好的に近づいてきた他の人間プレイヤーに瞬殺される・・・そんな殺伐とした人間不審になるゲームが、この「The War Z」の醍醐味だ。ちなみに私は、約10日間のプレイで12回は人間プレイヤーに殺害され、ご自慢の装備を奪われている。

人間の敵は、やはり人間だったか・・・

あの名言を呟いてしまうほど、人間不審になれる「The War Z」は本家サイトから、もしくはSteamから購入する事ができる。

私のプレイ教訓をひとつ。フィールド内で出会う人間プレイヤーで「I’m friend !」と言いながら執拗に追いかけてくる奴は、あなたの命と装備を狙っている!フレンドなら逃げるあなたを追いかけたりはしない。実は私は3度もこれに騙されていたりする!

サバイバー諸君。検討を祈る。

■リンク先

The War Z 公式サイト(英語)
The War Z Wiki (日本語)
The War Z ゲームレビュー (4gamers.net:日本語)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください